「ブログにするまでもない、誰かの日常」

いわゆる個人ブログ。何となく思いついた事、考えたこと、仕事に趣味に気晴らしに呟きます。

10月のある日

今日は先日の「食・浴の秋まつり」の振替として、休暇をいただいた。

 

といっても、一日の休暇でできることはあまりない。

悲しいことに僕の財布事情は、自由な生活はできても自由な生計を立てることはできないのだ。

結局、金の掛からない趣味に走ってしまうのは、貧乏性と言うべきか、それとも建設的であるのか。

 

とは言っても、部屋で過ごす休暇にも計画性は必要だ。朝何時に起きて、食事は何を食べるのか、運動は何時から、どの映画を見るか、どの本を読むか、散歩する時間帯はいつ、風呂の終了時間を計算に入れて。

旅行する時には、多少無計画な人でも事前に観光スポットなんかを調べてから行くし、ホテルなどの寝床も目星は付けていくだろう。

部屋で過ごす一日は、そんな旅行よりも無計画で良いような気がする。

しかし僕の経験上こういった何でもない日こそ、ある程度やることを決めてないとただただ床に横になって、碌な考え事もせず一日を終わらせることが多い。

 

幸いなことに、僕は金の掛からない趣味に関しては幅が広い。

絵も描くし、文章も書くし、本も読むし、映画も見るし、料理も作るし、暇つぶしにランニングするし。

悲しいことに独りでできる遊びばかりスキルが上がってしまったもんだなぁ。

もちろん友人と遊ぶのも大好きなんだけどさ。こっちじゃ、遊びに行ける友達がいないんだよね。

 

まあ、そんなことで僕の一日は始まった。

目覚めたのは午前の9時30分。

平日としてはかなり遅めの起床だけど、休日ならば及第点といったところかな。

せっかくの休日に早起きすべきか、普段より惰眠を貪るかは人それぞれだけど、9時30分なら、まあ後ろ指を指される程でないでしょう。

 

続いて、朝食を作るべきか考えた。

9時30分からもろもろ朝にやるべきことをやって、既に時計の針は10時を過ぎている。朝食をとるには流石に遅い。

ここで無理するよりも、昼食を豪華にするほうが時間的にも胃袋的にも優しいだろう。

ということで朝の予定から「朝食」を削除。インスタントコーヒーを苦めにつくって飢えをしのぎつつ、頭のスイッチを入れることにした。

 

そこで肝心の昼食だが、僕の家には今大量の野菜がある。

地域の方からの貰い物やら、安くて衝動買いしてしまったものやら、結果的にそういうものが積み重なって寺の供え物のようになっている。

流石に今日はこの野菜を消費しなくてはいかんだろう。

これは貧乏性ではなく、食材を大事にするべきという一常識である。

ということで、随分前からほったらかしになっていた小ぶりのかぼちゃを料理することにした。

 

かぼちゃといえばハロウィンが思い起こされる。

考えてみると、何故かぼちゃに顔を彫り込んでランタンにするのか、悪魔やら骸骨のコスプレをして菓子をねだるのか、結構シュールなお祭りである。

あれ、夜だから雰囲気あるけど、昼間にやたら目付きの悪いかぼちゃを見たらすっごくバカみたいだと思うぞ。アタック・オブ・ザ・キラートマト……。

 

しかし、せっかくかぼちゃがあるんだし、ちょっとハロウィンかぶれで料理くらいしてみるのもありかもしれない。

ということで、かぼちゃの形を丸のまま残して調理することを決めた。

f:id:marukochikiokoshi:20171004091942j:plain

作ったのはシチュー。

かぼちゃは元々質感がしっかりあるから、ちょっと水を混ぜて小麦粉を入れてやれば簡単にシチューになる。ただ、かぼちゃの形を残すとなるとこのかぼちゃの身をくり抜くのにも一苦労だ。

何度かレンジで温めながら、切りやすく、しかし形が崩れない程度まで熱していった。

 

味付けは、コンソメと砂糖。

具はマカロニと玉ねぎ。

どっちかって言うとシチューというより、グラタンの中身になってしまったが、これはこれで中々。

f:id:marukochikiokoshi:20171004085719j:plain

温めてる間暇だから、蓋にジャック・オー・ランタンを彫り込んでみた。

やってみると意外に口元のギザギザが難しい。

ただ人生で初めてハロウィンらしいものを作れたのは、いい記念になった。

 

 

 

 

9月9日(土) summerヴァッケーション!!

僕は今絶賛夏休み中です。

 

軽井沢、長野、松本、もちろん鹿教湯もですが避暑地と呼ばれる地域からわざわざ出て、クソ暑い(今では幾分かましだけど)大阪に戻るのは、なんかちょっとした矛盾を感じるというか、要領が悪いというか。

 

今回の帰省は目的らしいものもなく、ただ家族に会おう、友人と飲もうといったもんなので、まあよしとしよう。

 

しかし、やっぱり旅行とはいいもんです。

なにせ新しい発想がポンポン浮かんでくる。普段の日常から少し足を出すだけで、水を得たように脳が活性化する。正確に言えばビールを飲めば活性化してる。

 

……。

 

とはいえ、移動中に本を読み進められるし、考えがまとまったり、創造力が書き立てられるのも事実。つまらない授業中に、落書きを名画まで昇華させる悪童のようなもんである。

 

 

なので少しの間ゆったりします~。

 

8月29日(火) これが小説脳、または厨二病ともいう

最近すごい勢いで本を読んでいる。

 

本の内容や、その日の体調と暇な時間で多少前後するものの、1日100ページくらいの感覚で読む習慣ができた。

 

もちろん読書家の方々からすれば、こんな数値は一笑に付される程度のものだということは分かっている。

 

しかし、今まで休憩時間の10分や20分。または電車やバスの移動時間にしか本を読み進めず、一冊読むのに苦心さんたんと1ヶ月以上かけていた無学な僕からすれば、大した進化だといえよう。

 

しかし、こうして本を読む習慣を作ると、文章の書きた方にも影響が出てくるのが目に見えて分かって面白い。

 

やたらくどい言い回しに、格好をつけた難読な単語。比喩に韻にと試してみたいものがいくつも出てくる。

 

そのためこの個人ブログは、ちょっとした僕の実験場として利用させてもらっているのだ。

 

今後、どんな文章が書けるようになるか僕自身が一番期するところ、粉骨砕身の覚悟でカジュアルかつスインギーで質実剛健な文章を創作いたしたく候。

 

つまりがんばるってことさ!

 

8月22日〜27日(火〜土) あー夏休み、ああ。

先週の喧騒さが嘘のように、今週は平穏無事。

少しフライング気味な夜の寒さに、タンスの奥から毛布を引っ張り、ホットのドリンクが美味しく感じてくる今日この頃。

クーラーによる電気代がかさまない分、やっぱり長野の夏はいいもんだ。

 

とはいえ今週もまた土日にイベントがあるのでまたもや休日出勤である。

8月21日(月) オフオブオフ

 

f:id:marukochikiokoshi:20170821224019j:image

 

言ってませんでしたが、地域おこしのブログから離れてふつうの個人ブログになりましたー。

やったね!  

これで今度から自由な文章が書けるね!

 

え?

前から自由に書いてる?

かもね。

 

しかし、晴れて個人ブログになった途端以前にも言った日記としての価値観が変わってくるわけです。

つまり、「今日はとても楽しかったです」と書くだけでいいってこと。

別に誰に報告するでもない、誰かに評価してもらうでもない、金を稼ぐでもないのだから、自分のプライベートをわざわざ見せびらかすこともない。書く目的は「記録」と「記憶」のためになるわけです。

でも人によって記録の方法は違うわけですから、克明に今日の記憶を残すのか、雑にメモを書くのかは自由。

 

てなわけで、今日の記録。

「祭りの片付け、疲れた……」

 

8月14日〜20日までの一週間そしてオフ

更新が遅れたって?

 

結構。

 

はっきり申しますと、

とてもこの週の僕にブログを書く余裕はありませんでした。

その理由は、

f:id:marukochikiokoshi:20170820233630j:imagef:id:marukochikiokoshi:20170820233645j:imagef:id:marukochikiokoshi:20170820233709j:image

かけやフェス開催。

スタッフ、準備片付け、消える週休2日

f:id:marukochikiokoshi:20170820233714j:imagef:id:marukochikiokoshi:20170820233728j:imagef:id:marukochikiokoshi:20170820234219j:image

今後のイベントの参考に、別所温泉の別所温楽に顔を出したり、手描きマップの最終校正したりと、やあやあ勤勉なことだ。

と言いつつ、バッチリ楽しんでます。

しこたま酒を飲んで、大爆笑しながらの毎日でした。

 

だけどブログを書く余裕や家事をする時間がなかったのも事実。

 

いろいろ次にやる事もあるので、ちょっとだけオフもらいまーす。

8月14日、15日(月、火) オイル多めの一週間

f:id:marukochikiokoshi:20170816000410j:imagef:id:marukochikiokoshi:20170816000749j:image

盆踊りに地図作り。

仕事が終わったと思ったらスタッフだーい。

みんなべろべろのヘベレケで、結果あまった料理はこちらで引き取らせていただきまして。

わーい。

これから一週間、油物。