「ブログにするまでもない、誰かの日常」

いわゆる個人ブログ。何となく思いついた事、考えたこと、仕事に趣味に気晴らしに呟きます。

ボードゲーム『ラブレター』関連商品をまとめてみた

 

5月23日は「こ・(い)・ぶ・み」ということでラブレターの日と呼ばれているそうです。

メールやSNSが当然の今の世の中ですが、やはり下駄箱の中にラブレターというのはお決まりの学校行事。

 

筆者も一度は、異性に校舎裏へ呼び出されたいと、学生時代には夢想していたものです。

まあうちの学校、下駄箱なかったんですけど。

 

 

カードゲーム ラブレター

 

そんなラブレターの日ですが、ボードゲームを多少なりとも愛好する人間にとって、その名前はとあるゲームに変換され連想されます。

 

 

その名もシンプルに「ラブレター」

 

 

f:id:marukochikiokoshi:20180521153056j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180521153058j:plain

 

パッケージとカードのデザインが、何ともオシャレ!

 

アナログゲームは海外のもの圧倒的に多い中、これは日本のゲームデザイナーである

カナイセイジさんが作成された、国産カードゲームです。

 

 

その経歴も錚々たるもので、

2012年日本ボードゲーム大賞で大賞受賞、

2013年ゴールデンギーク賞で4部門同時受賞、

という、まあボードゲーマーの中では知らないものはいないとされているほどの名作です。

 

 

~どんなゲームなのか?~

 

ゲームの設定は 、

 

『愛する姫様にラブレターを届けるため、城の中にいる従者たちを使って他の競争相手を蹴落とし、ラブレターを届けよう』

 

というもの。

一市民が、仮にも一国の王女に恋文を出せるというのは、なんとも夢のある話ですが、そういう意味でラブレターという名前なんですね。

 

 

これをもっとゲームのルールっぽく言い換えると、

 

『各プレイヤーたちは相手の持っているカード(ラブレターを持っている人)を当てて、相手を脱落させよう』

 

というシンプルな推理ゲームです。

 

~遊び方~

まず、城の中にいる人達のカードです。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523115420j:plain

 

各カードによって枚数は異り、兵士が5枚、道化、騎士、僧侶、魔術師が2枚、他が1枚ずつで合計16枚あります。

カードに書かれている数字はカードの強さです。

 

ここからランダムで1枚取り除きます。これで山札の完成です。

 

 

各プレイヤーは最初に山札から1枚カードをもらいます(ランダム)。

 

そして山札から自分のターン毎に1枚引き、手札のどちらかのカードを捨て、そのカードに書かれている効果を発動する。

 

 

ルールは以上です。めっちゃ簡単ですね。

 

 

えば、①の兵士は相手のカードを当てることで、相手を脱落させることができます。

もちろんヤマ感で当てることもできますが、相手のカードが分かっていたほうが確実です。そうなると、前のターンに②の道化で相手の手札を見るという戦略を取ることができます。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523145144j:plain

 

また、⑦の大臣⑧の姫などは数が大きいので、

相手とカードの強さを比べる③の騎士のカードとの相性がいいですが、

⑥の将軍に勝てるのは⑦と⑧だけなので、他のプレイヤーに持っているカードを教えてしまうことになるわけです。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523150250j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180523150254j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180523150257j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180523150457j:plain

 

他にも、残りの枚数や、各プレイヤーのカードの出し方などで、相手の手札を探る方法もあるでしょう。

 

こうやって、色んな方法を使って、

相手を全員脱落させて最後まで残った人の勝ちです。

 

 

この一番ノーマルな『ラブレター』の中には、上記のカード以外に、ちょっと変わったプレイができる追加カードも入っています。

f:id:marukochikiokoshi:20180523115426j:plain

 

色々な組み合わせで、毎回異なったルールでゲームを行うことができますので、非常に長く遊ぶことができます。

 

しかも「各カードの説明」と「簡単なルール」が書かれたカードもあるので、初めてやる方でも簡単にゲームを楽しむことができます。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523115119j:plain

 

ボードゲームをやったことがない」

または、

「なにかボードゲームを初心者の友だちに勧めたい」

という方には、特にオススメな一品です

 

値段も手軽なので、布教用に1つ持っておくと非常に便利ですね。

 

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:5~10分
対象年齢:10歳以上
ゲームデザイン:カナイセイジ
イラスト:杉浦のぼる 

 

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

 

 

~派生作品~

そんなシンプルながら非常に完成度の高い『ラブレター』ですが、

だからこそ追加ルールや、海外でリメイクされたものなど、多くの派生作品が存在しています。

 

もしかすると、人によってはこちらの派生作品のほうが好みだ、という方もいらっしゃるかも知れません。

せっかくなので、現在流通している『ラブレター』の派生作品をまとめてみました。

 

~ラブレターケン・ニイムラ版~

f:id:marukochikiokoshi:20180523152417j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180523152425j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180523152427j:plain

 

オシャレなデザインだった通常版と比べて、こっちはより絵本チックなデザインになったリメイク版。

 

特筆すべきは、箱が通常のものより少し小さくなったので、持ち運びに便利になったというところ。

幼稚園~小学生くらいの子供には、こっちのラブレターのほうが取っつきやすくて、視覚的にも楽しいかも知れません。

 

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

 

 

~ラブレター English edition~

f:id:marukochikiokoshi:20180523153344j:plain

 

こっちは海外版のラブレター。

お国柄で、ここまでデザインが変わるのもボードゲームの面白いところですね。

 

ルールはもちろん同じですが、より荘厳でリアリティのあるデザインが好きな方や、海外の友人と遊びたい方にはこちらがオススメです。

 

また、よりゲームを面白くする拡張版も出ているので、興味があれば下記のURLをポチって下さい。

ラブレター (Love Letter: Premium) カードゲーム

ラブレター (Love Letter: Premium) カードゲーム

 

 

ラブクラフト・レター~

f:id:marukochikiokoshi:20180523154223j:plain

 

「普通のラブレターよりも変わったものがやりたい」

「僕は狂気の世界が好きなんだ」

「愛などいらぬ!」な方にオススメの、オリジナルルールが加えられたラブレター。

 

H・P・ラブクラフト原作の、クトゥルフ神話の世界観に忠実に作られており、

理不尽なルールやバランスブレイカーなカードなど、ファンだけでなく、ボードゲーマーにも通常版ラブレターと揃えて勝ってほしい商品。

 

狂気の世界に染まりたい方にはオススメです。

ラブクラフト・レター

ラブクラフト・レター

 

 

 

おそ松さん ラブレター~

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523154901j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180523154907j:plain

 

女性を中心に大ブレイクしたアニメ、おそ松さんとのコラボ作品。

通常のルールに加えて、おそ松さんらしいルールが追加された、通常版とは完全に別物な作品となっている。

 

『兄弟同士で蹴落とし合う』という設定は、もうこの6兄弟以外じゃできない設定じゃないかな、と思うくらいルールと世界観が重なった作品です。

 

ファンの方には、ぜひ購入してコレクションしていただきたいですね!

おそ松さんラブレターボードゲーム

おそ松さんラブレターボードゲーム

 

 

~ラブレター ホビット

 

f:id:marukochikiokoshi:20180523155644j:plain

 

ラブレターの人気は、世界的名作とすらコラボする。

 

映画化もした、ファンタジーの原点である「ホビットの冒険」と「指輪物語」。

その世界観を踏襲した商品が、『ラブレター ホビットである。

 

おなじみのキャラクター達を使ってプレイできるのは、映画ファンにとっても原作ファンにとっても熱くなる。

 

ちなみに日本語訳はされていないが、ルールはラブレターと同じだし、翻訳版の説明書がついているものもあるのであんまり問題にはならない。

むしろかっこいい。

 

~ラブレター バットマン

f:id:marukochikiokoshi:20180523163807j:plain

 

アメコミを知らない人でも、必ず知っているであろうヒーロー、バットマン

そのバットマンのキャラたちが描かれた、ラブレターが、この「ラブレター バットマン」です!

 

カードのデザインのカッコよさもさることながら、

「姫に手紙を届ける」という設定が、バットマンジョーカー達ヴィランが戦いを繰り広げる」というものに変わって、ものすごく臨場感があるのがポイント!

 

この手のコラボ商品はどんどん品数が減っていくので、バットマン好きは当然ですが、ボードゲーム好きの方にも揃えてほしい一品ですね!

 (ホビットと同じく翻訳版説明書あり)

 

 

いかがでしょうか?

メジャーなものからマイナーなものまで、現在出回っているものは全て紹介させていただきました。

『ラブレター』 はゲーム性のシンプルさ故に非常に完成度の高い商品です。

 

ボードゲームに興味のある方は、自分好みのラブレターを探して持っておくのもいいかも知れませんね。

 

そして意中の相手を一緒にゲームに誘って、さりげなくアピールしちゃいましょう。

 

 

恋文の日には、ぜひ『ラブレター』をどうぞ!!

 

今週のお題「あの人へラブレター」

 

 

バレンタインの日にはキャットアンドチョコレートを

 

 

今回は、鹿教湯温泉の居酒屋「わんだ~れ」にて、特別に許可を得てキャットアンドチョコレートというカードゲームをやらせていただきました。

 

当然ながら、本来はこのような持ち込みはしてはいけませんのであくまで「特別に」です。

なので店長さんと店員さんにも一緒にやってもらい、ついでにカウンターに座っている常連さんにも共犯になってもらいます。(笑)

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209131433j:plain

 

キャットアンドチョコレートはいくつかあるアナログゲームの中でも、かなり簡単なほうに入ります。

簡単に説明すると、「ランダムに配られたアイテムを必ず使って、降りかかる危機から脱出する」というもの。

 

いわゆる大喜利系のアドリブゲームです。

 

例えば上の写真のものは『幽霊屋敷編』ですから、悪魔が襲いかかってきたり、壁が迫って押しつぶそうとしてきたり、幽霊が出てきたりするわけですね。

 

このシリーズは非常に人気で他にもいろんな種類があります。

下の写真は、日常生活で起こるあるあるハプニングを描いた『日常編』

f:id:marukochikiokoshi:20180209140936j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209140947j:plain

写真:http://saikoro-table.com/2016/10/17/catandchocolate-nichijou/

 

絵柄が独特な『ビジネス編』に『学園編』

f:id:marukochikiokoshi:20180209141138j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209141524j:plain

 

不謹慎を笑いに変える『冠婚葬祭編』など

f:id:marukochikiokoshi:20180209141758j:plain

 

 

 

今回使うのは『幽霊屋敷編』。

さっそくやっていきましょう。

 

まず、カードの内容は三種類。

『陣営カード』『イベントカード』『アイテムカード』です。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209151308j:plain

陣営カードはいわゆるチーム分けのカードです。ゲームの最初に裏向きで参加者に配られます。このカードはゲームの最後まで見ることができません。

つまり「自分の味方がだれか分からない」わけですね。

 

 

そして実際のプレイに入っていきましょう。

f:id:marukochikiokoshi:20180209151733j:plain

上の画像のように、山札が2つと、各プレイヤーにカードが3枚配られていますね。

山札の、裏に数字が書かれている方が「イベントカード」。

CAT&CHOCOLATEと書かれてる方が「アイテムカード」です。

とりあえずこれを覚えておいて下さい。

 

 

 

先程も言ったとおり、

「ランダムに配られたアイテムを必ず使って、降りかかる危機から脱出する」ゲームなので、そのハプニングが起こらないといけません。

 

そのハプニングが「イベントカード」に記されています。

f:id:marukochikiokoshi:20180209144631j:plain

写真のイベントカードには、それぞれ「場所」と「ハプニングの内容」が記載されています。

一番左のカードだと「踊り場」で「頭上からシャンデリアが落ちてくる」というハプニングです。

 

このままでは押しつぶされてしまう!!

と、その時に使用するのが「アイテムカード」

f:id:marukochikiokoshi:20180209144945j:plain

あなたは今、上の写真のアイテムカードを持っています。

これでなんとかシャンデリアを回避して下さい。

 

えぇぇぇぇっ!!

ロープとチョコレートとジーパンで!!

どんな取り合わせだよ!!

 

 

このアイテムカードは使い捨てで、ハプニングを解決するたびに新しいものと取り替えるのですが、そのアイテムは山札からランダムに引くことになるので、こんな謎アイテムを携えて冒険しないといけない羽目になります。

 

しかも、イベントカードの裏には、アイテムを使用する枚数が定められていて、

「その数だけ、絶対にアイテムを使い切らないといけません」

f:id:marukochikiokoshi:20180209145748j:plain

今回の数字は「2」ですので、ロープとチョコレートとジーンズからどれか必ず2枚使いきらないといけないわけですね。

 

これをアドリブで、こじつけて解決するんですね。

例えばこの組み合わせなら……。

 

「ジーンズで落ちてくるガラス片を防ぎつつ、ロープで踊り場の下に飛び降ります」

なんてのはどうでしょうか?

 

こんな感じで、筋が通っている、または面白いと思える答えが帰ってきたら、他の参加者はOKと言ってあげましょう。

すると、イベントカードは解決した人の得点となり、このカードを多く持っていたチームがゲームの勝者になるわけです。

 

逆にだめな例を考えてみましょうか。

 

「ジーンズを脱ぎ去り、体をチョコレートで塗りたくって摩擦をなくし、下へ駆け下ります」

 

……ありかなしか?

もしもダメな時はNGと言いましょう。そうするとイベントカードは捨てられ、得点にはなりません。

 

 

これを順番にやっていくわけです。

セルフ審判なわけですが、自分のジャッジによって次の審判の基準が変わることもあるわけですし、チーム分けがわからない以上、誰かを贔屓する事もできません。

 

 

ルールは簡単ですが、かなりアドリブセンスが必要となるので、初心者から上級者まで隔たりなく楽しむことができる、和製ゲームの中でもかなり良ゲーだと思います。

 

 

それでは実践、VSわんだ~れ

今回はわんだ~れの店長と息子、常連の人と勝負になります。

初体験ですけど、楽しんでもらえるでしょうか?

 

詳しい内容は、はっきり言って忘れてしまいましたので、ダイジェスト的に覚えているやつを紹介します。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209153416j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209153518j:plain

ダイニング:ナイフやフォーク、食器が浮かびあがり、飛んでくる。(2枚)

答え:「バナナを持っていますので普通に盛り付けます。けっこう上手く盛り付けられたのでカメラでインスタ映えを狙いますね」

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209154517j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209154608j:plain

小屋:壁の猟銃が暴発する。弾丸は君にまっすぐ向かってくる。(2枚)

答え:カメラで弾丸を受け止めました。でもこのままじゃダサいのでナイフでカメラから弾丸を取り除きます。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209153731j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209153806j:plain

書斎:電話が鳴る。出てみると、君の恋人からの別れ話だった。(2枚)

答え:「オルゴールで悲しみを演出し、この記憶を万年筆で書きとめ小説家になります」

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209153731j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209155429j:plain

書斎:電話が鳴る。出てみると、君の恋人からの別れ話だった。(2枚)

答え:「気持ちを落ち着かせるためにチョコレート(ウイスキーボンボン)を食べよう……。だめだ彼女とのバレンタインの気持ちが蘇る! こんなんじゃダメだ! 明るくなろう! 熱い! 裸になろう! そうだこのお鍋の蓋で股間を隠して!

こうしてアキラ100%は誕生した」

 

f:id:marukochikiokoshi:20180209153941j:plainf:id:marukochikiokoshi:20180209154024j:plain

バスルーム:シャワーから熱湯が降りそそぐ。このままでは大やけどだ。(3枚)

答え:「マッチをシャワーの穴に詰め込んで~、効果あった!(硬貨)そんなバナナ~(笑)」

 

 

お好みの回答はありましたか?

回答する人によって、アイテムの使い方がまるで違いますよね。

 

 

年齢や、仕事、知識など関係なしに、自分の土俵で勝負ができるわけです。

正直わんだ~れの人達は、初心者とは思えないレベルの発想力で、ビビりました。

 

これが鹿教湯温泉の居酒屋で、お客さん相手にトークする力だったのか……。

 

 

 

今回は特別に居酒屋でやらしてもらいましたけど、この手のゲームはやはりお酒が入るとかなりスムーズにやりやすいですね。

特に、恥ずかしがりの人でも、回答が限られている分答えやすいと思います。

 

 

もし興味がありましたら、キャットアンドチョコレート。

鹿教湯温泉でやってみませんか?

 

 

 

キャット&チョコレート 幽霊屋敷編 (Cat&chocolate) カードゲーム

キャット&チョコレート 幽霊屋敷編 (Cat&chocolate) カードゲーム

 
キャット&チョコレート 学園編 (Cat&chocolate) カードゲーム

キャット&チョコレート 学園編 (Cat&chocolate) カードゲーム

 
キャット&チョコレート ビジネス編 (Cat&chocolate) カードゲーム

キャット&チョコレート ビジネス編 (Cat&chocolate) カードゲーム

 

 

 

 

仕事用のブログです~。こっちもみて下さい(^^)

marukokanko.hatenablog.com

 

 

 

 

10月のある日

今日は先日の「食・浴の秋まつり」の振替として、休暇をいただいた。

 

といっても、一日の休暇でできることはあまりない。

悲しいことに僕の財布事情は、自由な生活はできても自由な生計を立てることはできないのだ。

結局、金の掛からない趣味に走ってしまうのは、貧乏性と言うべきか、それとも建設的であるのか。

 

とは言っても、部屋で過ごす休暇にも計画性は必要だ。朝何時に起きて、食事は何を食べるのか、運動は何時から、どの映画を見るか、どの本を読むか、散歩する時間帯はいつ、風呂の終了時間を計算に入れて。

旅行する時には、多少無計画な人でも事前に観光スポットなんかを調べてから行くし、ホテルなどの寝床も目星は付けていくだろう。

部屋で過ごす一日は、そんな旅行よりも無計画で良いような気がする。

しかし僕の経験上こういった何でもない日こそ、ある程度やることを決めてないとただただ床に横になって、碌な考え事もせず一日を終わらせることが多い。

 

幸いなことに、僕は金の掛からない趣味に関しては幅が広い。

絵も描くし、文章も書くし、本も読むし、映画も見るし、料理も作るし、暇つぶしにランニングするし。

悲しいことに独りでできる遊びばかりスキルが上がってしまったもんだなぁ。

もちろん友人と遊ぶのも大好きなんだけどさ。こっちじゃ、遊びに行ける友達がいないんだよね。

 

まあ、そんなことで僕の一日は始まった。

目覚めたのは午前の9時30分。

平日としてはかなり遅めの起床だけど、休日ならば及第点といったところかな。

せっかくの休日に早起きすべきか、普段より惰眠を貪るかは人それぞれだけど、9時30分なら、まあ後ろ指を指される程でないでしょう。

 

続いて、朝食を作るべきか考えた。

9時30分からもろもろ朝にやるべきことをやって、既に時計の針は10時を過ぎている。朝食をとるには流石に遅い。

ここで無理するよりも、昼食を豪華にするほうが時間的にも胃袋的にも優しいだろう。

ということで朝の予定から「朝食」を削除。インスタントコーヒーを苦めにつくって飢えをしのぎつつ、頭のスイッチを入れることにした。

 

そこで肝心の昼食だが、僕の家には今大量の野菜がある。

地域の方からの貰い物やら、安くて衝動買いしてしまったものやら、結果的にそういうものが積み重なって寺の供え物のようになっている。

流石に今日はこの野菜を消費しなくてはいかんだろう。

これは貧乏性ではなく、食材を大事にするべきという一常識である。

ということで、随分前からほったらかしになっていた小ぶりのかぼちゃを料理することにした。

 

かぼちゃといえばハロウィンが思い起こされる。

考えてみると、何故かぼちゃに顔を彫り込んでランタンにするのか、悪魔やら骸骨のコスプレをして菓子をねだるのか、結構シュールなお祭りである。

あれ、夜だから雰囲気あるけど、昼間にやたら目付きの悪いかぼちゃを見たらすっごくバカみたいだと思うぞ。アタック・オブ・ザ・キラートマト……。

 

しかし、せっかくかぼちゃがあるんだし、ちょっとハロウィンかぶれで料理くらいしてみるのもありかもしれない。

ということで、かぼちゃの形を丸のまま残して調理することを決めた。

f:id:marukochikiokoshi:20171004091942j:plain

作ったのはシチュー。

かぼちゃは元々質感がしっかりあるから、ちょっと水を混ぜて小麦粉を入れてやれば簡単にシチューになる。ただ、かぼちゃの形を残すとなるとこのかぼちゃの身をくり抜くのにも一苦労だ。

何度かレンジで温めながら、切りやすく、しかし形が崩れない程度まで熱していった。

 

味付けは、コンソメと砂糖。

具はマカロニと玉ねぎ。

どっちかって言うとシチューというより、グラタンの中身になってしまったが、これはこれで中々。

f:id:marukochikiokoshi:20171004085719j:plain

温めてる間暇だから、蓋にジャック・オー・ランタンを彫り込んでみた。

やってみると意外に口元のギザギザが難しい。

ただ人生で初めてハロウィンらしいものを作れたのは、いい記念になった。

 

 

 

 

9月9日(土) summerヴァッケーション!!

僕は今絶賛夏休み中です。

 

軽井沢、長野、松本、もちろん鹿教湯もですが避暑地と呼ばれる地域からわざわざ出て、クソ暑い(今では幾分かましだけど)大阪に戻るのは、なんかちょっとした矛盾を感じるというか、要領が悪いというか。

 

今回の帰省は目的らしいものもなく、ただ家族に会おう、友人と飲もうといったもんなので、まあよしとしよう。

 

しかし、やっぱり旅行とはいいもんです。

なにせ新しい発想がポンポン浮かんでくる。普段の日常から少し足を出すだけで、水を得たように脳が活性化する。正確に言えばビールを飲めば活性化してる。

 

……。

 

とはいえ、移動中に本を読み進められるし、考えがまとまったり、創造力が書き立てられるのも事実。つまらない授業中に、落書きを名画まで昇華させる悪童のようなもんである。

 

 

なので少しの間ゆったりします~。

 

8月29日(火) これが小説脳、または厨二病ともいう

最近すごい勢いで本を読んでいる。

 

本の内容や、その日の体調と暇な時間で多少前後するものの、1日100ページくらいの感覚で読む習慣ができた。

 

もちろん読書家の方々からすれば、こんな数値は一笑に付される程度のものだということは分かっている。

 

しかし、今まで休憩時間の10分や20分。または電車やバスの移動時間にしか本を読み進めず、一冊読むのに苦心さんたんと1ヶ月以上かけていた無学な僕からすれば、大した進化だといえよう。

 

しかし、こうして本を読む習慣を作ると、文章の書きた方にも影響が出てくるのが目に見えて分かって面白い。

 

やたらくどい言い回しに、格好をつけた難読な単語。比喩に韻にと試してみたいものがいくつも出てくる。

 

そのためこの個人ブログは、ちょっとした僕の実験場として利用させてもらっているのだ。

 

今後、どんな文章が書けるようになるか僕自身が一番期するところ、粉骨砕身の覚悟でカジュアルかつスインギーで質実剛健な文章を創作いたしたく候。

 

つまりがんばるってことさ!

 

8月22日〜27日(火〜土) あー夏休み、ああ。

先週の喧騒さが嘘のように、今週は平穏無事。

少しフライング気味な夜の寒さに、タンスの奥から毛布を引っ張り、ホットのドリンクが美味しく感じてくる今日この頃。

クーラーによる電気代がかさまない分、やっぱり長野の夏はいいもんだ。

 

とはいえ今週もまた土日にイベントがあるのでまたもや休日出勤である。

8月21日(月) オフオブオフ

 

f:id:marukochikiokoshi:20170821224019j:image

 

言ってませんでしたが、地域おこしのブログから離れてふつうの個人ブログになりましたー。

やったね!  

これで今度から自由な文章が書けるね!

 

え?

前から自由に書いてる?

かもね。

 

しかし、晴れて個人ブログになった途端以前にも言った日記としての価値観が変わってくるわけです。

つまり、「今日はとても楽しかったです」と書くだけでいいってこと。

別に誰に報告するでもない、誰かに評価してもらうでもない、金を稼ぐでもないのだから、自分のプライベートをわざわざ見せびらかすこともない。書く目的は「記録」と「記憶」のためになるわけです。

でも人によって記録の方法は違うわけですから、克明に今日の記憶を残すのか、雑にメモを書くのかは自由。

 

てなわけで、今日の記録。

「祭りの片付け、疲れた……」